弊社製品を使った学会発表LIST 2014年10月17日時点
発表日 内容
2014.9.26 17th World Congress of Psychophysiology
  Decision-making in individuals with intellectual disabilities revealed by near infrared spectroscopy
Hiroaki Shoji, Ayano Mizokoshi, Taichi Hirayama, & Hisaki Ozaki
Ibaraki University
2014.9.19 41st Annual ESAO Congress
  Liposome-Encapsulated Hemoglobin (LEH) Improves Tumor Oxygenation as Detected by Near-Infrared Spectroscopy (NIRS) in Colon Carcinoma in Mice
Fumio Kawaguchi1, Akira T. Kawaguchi1, Akemi Kamijo1, Munetaka Haida2, Daisaku Kurita1,
Chieko Murayama1
1: Tokai University School of Medicine
2: Tokai University Junior College of Nursing and Medical Technology
2014.2.13 International Neuropsychological Society 42nd Annual Meeting
  Brain activity in cognitive conflict using face expression stimuli:
A study of near-infrared spectroscopy.
Matsui M1, Nakagawa M, Katagiri M, Hoshino T
1: University of TOYAMA, Graduate School of Medicine.
2014.2.1 SPIE Photonics West 2014
  Development of a fiber-less fNIRS system and its application to hair-covered head
Toru Yamada1, Mitsuo Ohashi2, Shinji Umeyama1
1: National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (Japan)
2: Spectratech Inc. (Japan)
2014.2 Brain and Development    Volume 36, Issue 2, February 2014, Pages 97–106
  DOI: 10.1016/j.braindev.2013.01.005
Neurobehavioral and hemodynamic evaluation of Stroop and reverse Stroop interference in children with attention-deficit/hyperactivity disorder
Akira Yasumuraa, b, Naomi Kokuboa, Hisako Yamamotoa, Yukiko Yasumurac, Eiji Nakagawad,
Makiko Kagaa, Kazuo Hirakib, Masumi Inagakia
a: Department of Developmental Disorders, National Institute of Mental Health, National Center of Neurology and Psychiatry, Tokyo, Japan
b: Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
c: Department of Children, Saitama Jyunshin College, Saitama, Japan
d: Department of Child Neurology, NCNP Hospital, Tokyo, Japan
2014.1.21 Frontiers in Humman Neuroscience.2014;8:46.
  doi: 10.3389/fnhum.2014.00046
Negative emotion modulates prefrontal cortex activity during a working memory task: a NIRS study
Sachiyo Ozawa,* Goh Matsuda, and Kazuo Hiraki*
*: Graduate School of Arts and Science, The University of Tokyo
2014.1.16 ISRN Neuroscience Volume    2014 (2014), Article ID 734952, 5 pages
  Relationship between Neural Activity and Executive Function: An NIRS Study
Akira Yasumura1,2, Masumi Inagaki1 and Kazuo Hiraki2
1: Department of Developmental Disorders, National Institute of Mental Health, National Center of Neurology and Psychiatry, 4-1-1 Ogawahigashi, Kodaira, Tokyo
2: Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
2014.1.8 BioMed Research International Volume 2014 (2014), Article ID 910812, 9 pages
  Facial Vibrotactile Stimulation Activates the Parasympathetic Nervous System: Study of Salivary Secretion,
Heart Rate, Pupillary Reflex, and Functional Near-Infrared Spectroscopy Activity
Hisao Hiraba1, Motoharu Inoue1, Kanako Gora1, Takako Sato2, Satoshi Nishimura2, Masaru Yamaoka3, Ayano Kumakura1, Shinya Ono1, Hirotugu Wakasa1, Enri Nakayama1, Kimiko Abe1, and Koichiro Ueda1
1: Department of Dysphasia Rehabilitation, Nihon University of Dentistry, 1-8-13 Kanda-surugadai, Chiyoda-ku, Tokyo 101-8310, Japan
2: Department of 1st Oral and Maxillofacial Surgery, Nihon University of Dentistry, 1-8-13 Kanda-surugadai, Chiyoda-ku, Tokyo 101-8310, Japan
3: 3Department of Physics, Nihon University of Dentistry, 1-8-13 Kanda-surugadai, Chiyoda-ku, Tokyo 101-8310, Japan
2014 駒澤大学心理学論集、2014、第16号、1-9
  数息観に関する心理学的研究-呼気ガス分析、NIRSによる検討ー
田中仁秀、茅原 正
駒澤大学心理学部
2013.12.24 Journal of Behavioral and Brain Science
  Vol.3 No.8(2013), Article ID:41385,7 pages DOI:10.4236/jbbs.2013.38065
An fNIRS Research on Prefrontal Cortex Activity Response to Pleasant Taste
Chenghong Hu1, Yoshiko Kato2, Zhiwei Luo1
1: Graduate School of System Informatics, Kobe University, Kobe, Japan
2: Graduate School of Human Development and Environment, Kobe University, Kobe, Japan
2013.12.18 Food and Nutrition Sciences Vol.5 No.2(2014), Article ID:42189,9 pages
  DOI:10.4236/fns.2014.52029
Activation of Human Prefrontal Cortex to Pleasant and Aversive Taste
Using Functional Near-Infrared Spectroscopy
Chenghong Hu1, Yoshiko Kato2, Zhiwei Luo1
1: Graduate School of System Informatics, Kobe University, Kobe, Japan;
2: Graduate School of Human Development and Environment, Kobe University, Kobe, Japan.
2013.12.15 System Integration (SII), 2013 IEEE/SICE International Symposium
  An fNIRS study of taste cortical areas in human brain: Sweetness and sourness
Chenghong Hu ; Grad. Sch. of Syst. Inf., Kobe Univ., Kobe, Japan ; Kato, Y. ; Zhiwei Luo
2013.12.3 Sensing Technology (ICST), 2013 Seventh International Conference
  Assessment of local muscle fatigue by NIRS
Muramatsu, Y. ; Dept. of Mech. Eng., Tokyo Univ. of Sci., Tokyo, Japan ; Kobayashi, H.
2013.11.10 日本生徒指導学会第14回大会
  発達障害児の脳トレ教室2
根本樹宏
株式会社 ネモト
2013.11.3 Intelligent Robots and Systems (IROS), 2013 IEEE/RSJ International Conference
  Brain machine interface using portable Near-InfraRed spectroscopy —
Improvement of classification performance based on ICA analysis and self-proliferating LVQ
Ito, T. , Akiyama, H , Hirano, T
Dept. of Mech. Eng., Shizuoka Univ., Hamamatsu, Japan
2013.10.1 Child Psychiatry & Human Development    October 2013, Volume 44, Issue 5, pp 678-688
  DOI: 10.1007/s10578-013-0361-2
Increased Prefrontal Oxygenation Related to Distractor-Resistant Working Memory in Children with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder (ADHD)
Satoshi Tsujimoto1, Akira Yasumura2,3, Yushiro Yamashita4, Miyuki Torii5, Makiko Kaga2, Masumi Inagaki2
1: Developmental Cognitive Neuroscience Laboratory, Graduate School of Human Development and Environment, Kobe University, 3-11 Tsurukabuto, Nada-Ku, Kobe, 657-8501, Japan
2: Department of Developmental Disorders, National Institute of Mental Health, National Center of Neurology and Psychiatry, Kodaira, Tokyo, Japan
3: Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo, Tokyo, Japan
4: Department of Pediatrics and Child Health, Kurume University School of Medicine, Kurume, Japan
5: Division of Psychological Development, Graduate School of Human Development and Environment, Kobe University, Kobe, Japan
2013.9.28 The 4th International Symposium on Artficial Oxygen Carriers
  [2]Liposome-Encapsulated Hemoglobin Improves Tumor Oxygenation As Detected by Near-Infrared Spectroscopy(NIRS) in Colon Carcinoma in Mice.
Fumio Kawaguchi, Akira T Kawaguchi, Akemi Kamijo, Munetaka Haida, Daisuke Kurita
Tokai University School of Medicine, Kanagawa, Japan
2013.7.20 第16回光脳機能イメージング学会
  簡易型fNIRSを用いて行った競技かるたにおける選手の脳の反応解析
津久井勤1、森田真央1、小林好真1、栗田太作2、灰田宗孝2
1:社団法人全日本かるた協会
2:東海大学
2013.7.20 第16回光脳機能イメージング学会
  ICAを用いたfNIRS Raw Dataの脈波解析
大山哲司1、川口文男2
1:ビー・アール・システムズ株式会社
2:株式会社スペクトラテック
2013.7.20 第16回光脳機能イメージング学会
  NIRSもしくはEEGを用いた、弓道行射中の脳活動記録
大塚 長1、名倉美紗子2、奥村 哲1, 2
1:静岡理工科大学大学院理工学研究科
2:総合情報学部人間情報デザイン学科
2013.7.20 第16回光脳機能イメージング学会
  色彩及び匂いが脳賦活に与える影響
柏倉健一、栗原明日香、木村友香、金山梨紗、日比野真弓
群馬県立県民健康科学大学心療放射線学部
2013.7.20 第16回光脳機能イメージング学会
  情動刺激の認知的競合事態における前頭前野活動の特徴
――近赤外スペクトロスコピーによる検討――
片桐正敏、中川宗英、星野貴俊、松井三枝
富山大学大学院医学薬学研究部(医学)心理学教室
2013.7.19 The Japanese Journal of Ergonomics    Vol. 49 (2013) No. Supplement p. S508-S511
  1G-23 Adaptive Assisting Effect of DAS for Elderly Drivers
Seunghee Hong1, Takafumi Asao2, Byungchan Min3, Keisuke Suzuki1, Shun'ichi Doi1
1: Department of Intelligent Mechanical Systems Engineering s, Kagawa University, tacamasctu, Japan
2: Department of Faculty of Engineering Science, Kansai University, Osaka, Japan
3: Department of Industrial Engineering and Management System, Hanbat National University, Daejeon, Korea
2013.5.24 ROBOMEC2013 in TSUKUBA
  1P1-B04 ポータブルNIRS 計測装置を用いたブレインマシンインターフェースの構築
―ノードの自動増殖を用いた追加学習の効果―
伊藤友孝、秋山英毅、平野時久
静岡大学
2013.5.24 ROBOMEC2013 in TSUKUBA
  2P1-H06 近赤外分光法による筋疲労評価
―マッスルスーツの開発と評価―
村松 慶紀、小林 宏
東京理科大学
2013.5.23 日本人間工学会 Vol.49 No.3(’13)
  マニュアルのメディア形態が作業手順の学習に及ぼす影響:
媒体の違い及びコンテンツの違いに焦点を当てて
中西 美和1、安間 裕起2、中村 洋平1、勝木 辰明1
1:慶應義塾大学理工学部
2:慶應義塾大学理工学研究科
2013.5.10 日理学療法科学28(5):653-656,2013
  後頸部への電気刺激が座位バランス課題実施中のヒトの脳賦活状態に及ぼす影響に関する検討
中田 農生1、吉田 英樹2、吉田 舞3
1: 医療法人芙蓉会 村上病院 リハビリテーション科
2: 弘前大学大学院 保健学研究科 保健学専攻 健康支援科学領域 健康増進科学分野
3: 医療法人晃生会 指定通所介護事業所
2013.3 文教大学教育学部紀要 46pp.201 - 213, 2013-3, 文教大学 ISSN:0388214
  第二言語語彙想起効3,率に関連する前頭葉脳血流変化
成田奈緒子1,保坂良輔2,齋木雅人 樋口大樹4,田副真美5,成田正明6,平川眞規子7
1:文教大学教育学部学校教育課程特別支援教育専修
2:埼玉県ときがわ町役場
3:上越教育大学大学院学校教育研究科
4:筑波大学大学院人間総合科学研究科感性認知脳科学専攻
5:ルーテル学院大学総合人間学部臨床心理学科
6:三重大学大学院医学系研究科 発生再生医学講座
7:文教大学文学部英米語英米文学科
2013.3.31 東海大学スポーツ医科学雑誌 第25号2013
  低酸素運動における前頭部多チャンネルNIRSと前額部パルスオキシメータの同時測定の試み
――NIRS信号の拍動成分の意味――
栗田太作1、寺尾 保2、滝澤俊也3、沓澤智子4、灰田宗孝5、八木原 晋6、両角 速7
1:東海大学情報教育センター
2:東海大学スポーツ医科学研究所
3:東海大学医学部内科学系神経内科
4:東海大学健康科学部看護学科
5:東海大学医療技術短期大学看護学科
6:東海大学理学部物理学科
7:東海大学体育学部競技スポーツ学科
2013.1 Archives of Gerontology and Geriatrics
Volume 56, Issue 1, January–February 2013, Pages 118–123
  Relationship between going outdoors daily and activation of the prefrontal cortex during verbal fluency tasks (VFTs) among older adults: A near-infrared spectroscopy study
Hyuma Makizakoa, b, Takehiko Doia, Hiroyuki Shimadaa, Hyuntae Parkc, Kazuki Uemuraa, b, Daisuke Yoshidaa, Kota Tsutsumimotoa, Yuya Anana, Takao Suzukid
a: Section for Health Promotion, Department for Research and Development to Support Independent Life of Elderly, Center for Gerontology and Social Science, National Center for Geriatrics and Gerontology, 35 Gengo, Morioka-machi, Obu, Aichi 474-8511, Japan
b: Japan Society for the Promotion of Science, Sumitomo-Ichibancho FS Bldg., 8 Ichibancho, Chiyoda-ku, Tokyo 102-8472, Japan
c: Section for Physical Functioning Activation, Department of Functioning Activation, Center for Gerontology and Social Science, National Center for Geriatrics and Gerontology, 35 Gengo, Morioka-machi, Obu, Aichi 474-8511, Japan
d: Research Institute, National Center for Geriatrics and Gerontology, 35 Gengo, Morioka-machi, Obu, Aichi 474-8511, Japan
2012.12 東北大学大学院教育学研究科・教育学部年報第61集第1号
  自閉症スペクトラム障害児に対するソーシャルスキルトレーニングの実践
-脳機能計測を活用した客観的評価法-
北 洋輔1,2,3、軍司敦子2、後藤隆章4、稲垣真澄2、細川 徹5
1: 東北大学大学院 教育学研究科 博士研究員
2: (独)国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 知的障害研究部
3: 日本学術振興会 特別研究員
4: 常葉学園大学 教育学部
5: 東北大学大学院 教育学研究科 教授
2012.12.8 行動経済学会第6回大会
  メンタルアカウンティングによるサンクコスト効果の考察-保有効果が及ぼす影響
藤森裕美
青山学院大学
2012.12.6 The 19th International Display Workshops in conjunction with Asia Display 2012
  3Dp-7 A Study of Visual Fatigue When Viewing 3D Images with Pseudoscopic Vision
Haruo ISONO
Informatics Graduate School of Science and Engineering,
Tokyo Denki University, Saitama, Japan
2012.11 NeuroImage    Volume 63, Issue 2, 1 November 2012, Pages 921–935
  DOI: 10.1016/j.neuroimage.2012.03.049
A brief review on the history of human functional near-infrared spectroscopy (fNIRS)
development and fields of application
Marco Ferrari
Department of Health Sciences, University of L'Aquila, L'Aquila, Italy
2012.11.24 Soft Computing and Intelligent Systems (SCIS) and 13th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (ISIS), 2012 Joint 6th International Conference on
  Development of an adaptive cognitive training method using Near-InfraRed spectroscopy
Murase, Y. ; Dept. of Comput. Sci., Kobe Univ., Kobe, Japan ; Nagai, S. ; Nagano, A. ; Zhi-Wei Luo
2012.11.8 第42会日本臨床神経生理学会/第23回小児脳機能研究会“発達障害と脳機能”
  SS1-1:自閉症スペクトラム児のset-shiftingに関わる神経基盤の解明
安村 明
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所知的障害研究部
2012.11.2 The 1st. Asian Congress on ADHD
  P_039 Decreased prefrontal activation related to Reverse-stroop interference in ADHD
Akira YASUMURA, Hisako YAMAMOTO, Naomi KOKUBO, Kazuo HIRAKI, Makiko KAGA, Masumi INAGAKI
Department of Developmental Disorders, National Institute of Mental Health, National Center of Neurology and Psychiatry, Tokyo, Japan
2012.10.28 fNIRS conference
  Development of multichannel fNIRS system with transcranial pulse oximetry function using CDMA technique
Fumio Kawaguchi , Mitsuo Ohashi
Spectratech Inc. Tokyo, Japan
2012.10.1 電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)Vol.132 (2012) No.10 P328-336
  ビット形式の情報提示方法によるNIRSを用いた文字入力支援システムに関する検討
後藤かをり1, 参沢匡将1, 下川哲矢2, 広林茂樹1
1: 富山大学大学院理工学研究部(工学)
2: 東京理科大学経営学部
2012.10.1 電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)Vol.132 (2012) No.10 P348-354
  NIRSを用いた未知情報判別に関する検討
参沢匡将1, 後藤かをり1, 下川哲矢2, 広林茂樹1
1: 富山大学大学院理工学研究部(工学)
2: 東京理科大学経営学部
2012.10.1-8 Electronics and Communications in Japan DOI: 10.1002/ecj.11426
  A brain–computer interface for motor assist by the prefrontal cortex
Tadanobu Misawa1, Shinya Takano1, Tetsuya Shimokawa2, Shigeki Hirobayashi1
1: Graduate School of Science and Engineering, University of Toyama
2: The School of Management, Tokyo University of Science
2012.9.29 第17回認知神経科学会学術集会
  I-07 注意欠陥/多動性障害児における干渉抑制に関わる神経基盤の解明
安村 明、山本 寿子、小久保 奈緒美、加我 牧子、稲垣 真澄
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所 知的障害研究部
2012.9.21 第35回日本神経科学大会
  P4-l20ネコを触ることによる身体・精神への影響:機能的近赤外分光法(fNIRS)を用いた脳血流の測定
丸子 哲平,小林 愛,大谷 伸代,太田 光明
麻布大学動物応用科学専攻
2012.9.18 第35回日本神経科学大会
  P1-h08 感情を誘起させる心理課題における感情と時間
吉田 誠、三宅 美博
東京工業大学 大学院
2012.8.11 日本発達障害学会 第47回研究大会
  自閉症スペクトラム障害児の表情認知における脳機能の特異性
----近赤外線スペクトロスコピーを用いて—--
北洋輔・井上祐紀・軍司敦子・崎原ことえ・稲垣真澄
国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所知的障害研究部
2012.8.1 The Kitakanto medical journal. 2012, 62(3), p.271-276   ISSN:1343-2826
  Preferred Pace Tapping Activates the Frontal Lobe
Shimoda Kaori1, Katsuyama Shiori1, Lee Bunsuk1, Kamegaya Tadahiko1,Kururi Nana1,
1: Department of Rehabilitation Sciences, Gunma University Graduate School of Health Sciences, 3-39-22 Showa-machi, Maebashi,Gunma 371-8514,Japan
2: Graduate School of Health and Welfare Sciences,International University of Health and Welfare,1-2-25Shiroyama,Odawara,Kanagawa 250-8588, Japan
2012.7.28 第15回日本光脳機能イメージング研究会
  P14)時間産出課題における前頭前野の脳活動とワーキングメモリ成績の機能的関係性:
近赤外分光法による検討
森田麻登
国際基督教大学大学院
2012.7.27 第9回日本うつ病学会
  P6-5 産業メンタルヘルス調査におけるNIRSによる脳機能測定の有益性に関する予備的研究
岩山 孝幸1、磯部 ゆい2、成田  恵3、鍋田 恭孝4
1:立教大学大学院現代心理学研究科臨床心理学専攻博士後期課程、
2:立教大学大学院現代心理学研究科臨床心理学専攻博士前期課程、
3:早稲田大学大学院人間科学研究科臨床心理学研究領域修士課程、
4:立教大学現代心理学部
2012.7.11 International Society for Anthrozoology (ISAZ) 2012 Conference
  Analysis of the animal effects on human functions with the functional near infrared spectroscopy
Nobuyo Ohtani, Ai Kobayashi, YenPo Lin, Teppei Maruko, Eriko Nagata, Masafumi Takeno, Kasumi Kaname, Mitsuaki Ohta
Azabu University School of Veterinary Medicine
2012.7.5 第14回日本ヒト脳機能マッピング学会
  P1A-9 SPMを用いた視覚課題中の若年者と高齢者の前頭前野活動の相違の検討
大星 有美
浜松医科大学 生体機能イメージング、浜松医科大学 分子病態イメージング
2012.7.5 第14回日本ヒト脳機能マッピング学会
  P1B-10 タッピング課題時の前頭葉の脳血流量とパーソナリティーの関係
―機能的近赤外分光法fNIRSを用いて―
下田 佳央莉
群馬大学 大学院 保健学研究科、群馬大学 医学部 附属病院 リハビリテーション部
2012.7.5 第14回日本ヒト脳機能マッピング学会
  P2B-12 発達障害児の「脳トレ教室」
根本 樹宏
株式会社ネモト
2012.7.1 Complex Medical Engineering (CME), 2012 ICME International Conference
  Conference Publications Page(s): 339-342
The influence of the wearing restorations adjustment on blood flow in the prefrontal area
Shimazaki, T. ; Otsuka, T. ; Sasaguri, K. ; Sato, S
Dept. of Craniofacial Growth & Dev. Dentistry, Kanagawa Dental Coll., Yokosuka, Japan
2012.7.1 Complex Medical Engineering (CME), 2012 ICME International Conference
  Conference Publications Page(s):382-387
Seunghee Hong ; Onoue, K. ; Suzuki, K. ; Doi, S.-I.
Dept. of Intell. Mech. Syst. Eng., Univ. of Kagawa, Kagawa, Japan
2012.6.12 2012年度人工知能学会全国大会(第26回)
  NIRSを用いた価格評価時の前頭前野における脳活動傾向に関する考察
光田友里恵1, 後藤かをり1, 参沢匡将2, 下川哲矢3, 広林茂樹2
1: 富山大学大学院理工学教育部知能情報工学専攻
2; 富山大学大学院理工学研究部(工学)
3: 東京理科大学経営学部
2012.5.29 ROBOMEC2012 in HAMAMATSU
  2A1-M07ポータブルNIRS 計測装置を用いたブレインマシンインターフェースの構築
正 伊藤友孝,学○秋山英毅,三井嘉弘,学 平野時久
静岡大学
2012.5.29 ROBOMEC2012 in HAMAMATSU
  2P1-A03マッスルスーツの開発と評価 ―近赤外分光法(NIRS)による筋疲労評価―
○学 村松 慶紀、須賀 裕文、 梅原 英之、
正 佐藤 裕、正 橋本 卓弥、正 小林 宏
東京理科大学
2012.3 食に関するリスク知覚と共感の脳科学的経済学研究
  中込正樹
青山学院大学
2012.3 群馬県立県民健康科学大学紀要 7,45-53,2012   http://hdl.handle.net/10087/6877
  BGM聴取時の作業効率に関する脳部位の検討
新井良彦, 柏倉健一
群馬県立県民健康科学大学大学院診療放射線学研究科
2012.3.14 第17回ロボティクスシンポジア
  3A3 NIRS を用いたブレインマシンインターフェースの構築
- 識別率向上のための学習条件検討とポータブル NIRS 装置による識別実験 -
伊藤友孝1,三井嘉弘1,平野時久1,秋山英毅2、大城昌平3,水池千尋3
1:静岡大学 2:大阪大学 3:聖隷クリストファー大学
2012.3.14 第17回ロボティクスシンポジア
  4B2 肉体労働者用マッスルスーツの開発と評価
- 近赤外分光法(NIRS)による局所筋肉の疲労評価 -
村松慶紀,小林寛征,何佳欧,佐藤裕,須賀裕文,梅原英之,橋本卓弥,小林宏
東京理科大学
2011.12.7 Robotics and Biomimetics (ROBIO), 2011 IEEE International Conference
  Conference Publications Page(s): 293-298
Quantitative performance analysis of muscle suit — Estimation by Oxyhemoglobin and deoxyhemoglobin
Muramatsu, Y. ; Kobayashi, H. ; Sato, Y. ; He Jiaou ; Hashimoto, T. ; Kobayashi, H
Tokyo University of Science
2011.12.1 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)Vol. 131 (2011) No. 12 P 2131-2137
  前頭前野脳活動による身体運動機能の補助を目的としたBrain-Computer Interfaceの検討
参沢 匡将1, 高野 慎也1, 下川 哲矢2, 広林 茂樹1
1: 富山大学大学院理工学研究部
2: 東京理科大学経営学部
2011.10.22 第18回医用近赤外線分光法研究会
  fNIRSによる脳内の脈波計測を狙った高SNRセンサーの試み
大橋三男、川口文男
株式会社スペクトラテック
2011.10 Psychiatric Disorders - Worldwide Advances(Editor; Toru Uehara) pp69-84,
Publisher; InTech, Croatia October, 2011 ISBN 978-953-307-833-5, Hard cover, 336 pages
  Dissociative tendency, anger expression and frontal activation during verbal fluency task
Toru Uehara1, Yoko Ishige2, Masashi Suda2
1: General Health Support Centre, Gunma University,Japan
2: Department of Neuropsychiatry, Gunma University Graduate School of Medicine,Japan
2011.9.23 日本認知科学会第28回大会
  P1-15 NIRS によるワーキングメモリ課題を用いた読解力の神経基盤に関する研究
安村 明、松田 剛、開 一夫
東京大学
2011.9.14 第34回日本神経科学大会
  S2-G-2-1 自閉症スペクトラム児の弱い中枢性統合と実行機能障害
Weak central coherence and executive dysfunction in children with autism spectrum disorder
鳥居 深雪 (Miyuki Torii)
神戸大院・人間発達環境学 (Grad. Sch. of Human Development and Environment Kobe Univ., Kobe, Japan)
2011.9.14 第34回日本神経科学大会
  P4-o03 若年と高齢者の前頭葉皮質における視覚作業記憶課題中の脳血流反応差の検討
Differences in visual working memory task-induced cerebral blood flow responses in the frontal region between cognitively normal young and old subjects
大星 有美 / Yumi Oboshi1,2 、 菊知 充 / Mitsuru Kikuchi3 、 八木 俊輔 / Shunsuke Yagi1,2
吉川 悦次 / Etsuji Yoshikawa4 、 間賀田 泰寛 / Yasuhiro Magata2 、 尾内 康臣 / Yasuomi Ouchi1
1:浜松医大・分子イメージング / Molecular Imaging FRC, Hamamatsu Univ.Med., Hamamatsu, Japan
2:浜松医大・光量子 / Photon MRC, Hamamatsu Univ. Med.
3:金沢大・精神科 / Psychiatry, Kanazawa Univ.
4:浜松ホトニクス・中研 / Hamamatsu Photonics KK
2011.9.6 Vibration Analysis and Control - New Trends and Developments DOI: 10.5772/924
  Chapter 16:Changes in Brain Blood Flow on Frontal Cortex Depending on Facial Vibrotactile Stimuli
Hisao Hiraba1, Takako Sato2, Satoshi Nishimura2, Masaru Yamaoka3, Motoharu Inoue1, Mitsuyasu Sato1, Takatoshi Iida1, Satoko Wada1, Tadao Fujiwara3 and Koichiro Ueda1
1: Departments of Dysphasia Rehabilitation
2: Oral and Maxillofacial Surgery
3: Physics,
Nihon University, School of Dentistry Japan
2011.9 Neuroscience Research, 71, e379
  Differences in visual working memory task-induced cerebral blood flow responses in the frontal region between cognitively normal young and old subjects..
Yumi Oboshi1,2, Mitsuru Kikuchi3, Shunsuke Yagi1,2, Etsuji Yoshikawa4, Yasuhiro Magata2, Yasuomi Ouchi1
1: Molecular Imaging FRC, Hamamatsu Univ.Med., Hamamatsu, Japan
2: Photon MRC, Hamamatsu Univ. Med.
3: Psychiatry, Kanazawa Univ.
4: Hamamatsu Photonics KK
2011.8.26 Journal of Behavioral and Brain Science, PP.102-110
Pub.Date:2011-08-26, DOI: 10.4236/jbbs.2011.13014 ISSN Print: 2160-5866 ISSN Online: 2160-5874
  Gender Differences in Frontal Activation While Perceiving Pathologically Thin Female Body Forms
Toru Uehara1, Yoko Ishige2, Masashi Suda2, Perminder Sachdev3.4
1: General Health Support Center, Gunma University, Maebashi, Japan
2: Department of Neuropsychiatry, Gunma University Graduate School of Medicine, Maebashi, Japan
3: School of Psychiatry, University of New South Wales, Sydney, Australia
4: Neuropsychiatric Institute, Prince of Wales Hospital, Sydney, Australia
2011.7.23 第14回光脳機能イメージング研究会
  1-4 近赤外計測法を用いた精神疲労測定
根本彩香1、柏倉健一2、新井良彦2、羽鳥枝里3、中澤勇太4、野邊地秀人5
1: 竹田綜合病院 2: 群馬県立県民健康科学大学 3: 中央群馬脳神経外科病院 4: 原町赤十字病院
5: 東京都立多摩総合医療センター
2011.7.23 第14回光脳機能イメージング研究会
  1-7 BGM 聴取時の作業効率に関する脳部位の検討
新井良彦1、柏倉健一1、根本彩香2、羽鳥枝里3、中澤勇太4、野邊地秀人5
1: 群馬県立県民健康科学大学 2: 竹田綜合病院 3: 中央群馬脳神経外科病院 4: 原町赤十字病院
5: 東京都立多摩総合医療センター
2011.7.23 第14回光脳機能イメージング研究会
  2-2 近赤外計測法を用いた前頭葉の知的機能測定
羽鳥枝里1、柏倉健一2、新井良彦2、根本彩香3、中澤勇太4、野邊地秀人5
1: 中央群馬脳神経外科病院 2: 群馬県立県民健康科学大学 3: 竹田綜合病院 4: 原町赤十字病院
5: 東京都立多摩総合医療センター
2011.7.23 第14回光脳機能イメージング研究会
  2-3 ワーキングメモリ課題を用いた読解力の神経基盤の探索
安村明、松田剛、開一夫
東京大学 大学院 総合文化研究科
2011.7.23 第14回光脳機能イメージング研究会
  2-4 Visual working memory task における高齢者の前頭前野活動の特徴
大星有美1、4、菊知充2、八木俊輔1、4、吉川悦次3、間賀田泰寛4、尾内康臣1
1: 浜松医科大学メディカルフォトニクス研究センター生体光医学研究部門生体機能イメージング研究室
2: 金沢大学子どものこころの発達研究センター 3: 浜松ホトニクス(株)中央研究所
4: 浜松医科大学メディカルフォトニクス研究センター応用光医学研究部門分子病態イメージング研究室
2011.7.23 第14回光脳機能イメージング研究会
  多チャンネルNIRSによる "見かけの脳内ヘモグロビン酸素飽和度" 計測の試み
川口文男1 灰田宗孝2 大橋三男1
1:株式会社スペクトラテック 2:東海大学医療技術短期大学
2011.6.11 14th International Congress of ESCAP
European Society for Child and Adolescent Psychiatry
  Dissociative tendency, anger expression and frontal activation during verbal fluency task
Uehara, T; Ishige,Y; Suda,M
General Health Support Center, Gunma University
11-15 June 2011, Helsinki, Finland
2011.5.26 第53回日本小児神経学会
  P-212 Developmental Dyslexia 児におけるワーキングメモリ課題中の脳血流応答特性に関する研究
後藤隆章1,北洋輔1,2,3,小池敏英4,稲垣真澄1
1:国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所知的障害研究部 2:東北大学大学院教育学研究科
3:日本学術振興会特別研究員 4:東京学芸大学特別支援科学講座
2011.5.22 第33回日本生物学的精神医学会
  病的やせ女性の身体像を認識中における前頭葉賦活の性差
上原 徹、石毛陽子、須田真史、Perminder Sachdev
群馬大学健康支援総合センター医学系研究科神経精神医学
2011.5.21 第29回 日本生理心理学会
  P2-C 78 定型発達児における音韻処理に関わる脳血流動態
後藤隆章1 北洋輔1,2,3 小池敏英4 稲垣真澄1
1:精神保健研究所知的障害研究部 2:東北大学大学院教育学研究科
3:日本学術振興会特別研究員 4:東京学芸大学特別支援科学講座
2011.5.21 第29回 日本生理心理学会
  P2-C 95 脳血流からみたGo/Nogo課題遂行時の運動制御の発達
水谷勉1 尾崎久記2 篠田晴男1 勝二博亮2
1:立正大心理学研究科 2:茨城大教育学部
2010.12.7 APIEMS2010
  Development of Brain-Computer Interface with NIRS
~Possibility of Auxiliomotor Assistance Using Information from Prefrontal Cortex~
Shinya Takano1, Tadanobu Misawa1,Tetsuya Shimokawa2,Shigeki Hirobayashi1
1:Faculty of Engineering, University of Toyama
2:The School of Management, Tokyo University of Science
2010.12.2 厚生労働省研究開発費班研究
  摂食障害の脳病態研究:多チャネル近赤外線分光法による成果を動機づけに導入できるか?
上原 徹、石毛陽子、須田真史、福田正人
群馬大学健康支援総合センター医学系研究科神経精神医学
2010.11.26 第22回日本脳循環代謝学会総会
  O2-4 多チャネルNIRSを用いた前頭野および下肢筋の同時測定の試み
低酸素運動に関するパイロットスタディ
栗田太作1 寺尾保2 瀧澤俊也3 灰田宗孝4 高木繁治3
1:東海大学情報教育センター 2:東海大学スポーツ医科学研究所
3:東海大学医学部内科学系神経内科 4:東海大学医療技術短期大学看護学科
2010.11.21 Brain and Development   doi:10.1016/j.braindev.2010.11.007
  Self-face recognition in children with autism spectrum disorders:A near-infrared spectroscopy study
Yosuke Kita a,b,c, Atsuko Gunji c, Yuki Inoue c, Takaaki Goto c, Kotoe Sakihara c,
Makiko Kaga c, Masumi Inagaki c, Toru Hosokawa a
a: Graduate School of Education, Tohoku University, Sendai, Japan
b: Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science, Tokyo, Japan
c: Department of Developmental Disorders, National Institute of Mental Health, National Center of Neurology and Psychiatry, Tokyo, Japan
2010.11.13 第64回日本臨床眼科学会
  眼精疲労感発生時の前頭葉活性測定による眼不快の検出
小野眞史1 永長周一郎2 鮫島智子1 高橋 浩1
1:日本医大 2:東京都リハビリテーション病院診療部歯科
2010.11.1 日本臨床神経生理学会サテライトシンポジウム/第21回小児脳機能研究会
  音韻処理中の前頭前野脳血流変化:Optical enecephalographyを用いた定型発達児の検討
後藤隆章1 北 洋輔1,2,3 小池敏英4 稲垣真澄1
1:国立精神神経医療研究センター精神保健研究所知的障害研究部
2:東北大学大学院教育学研究科 3:日本学術振興会特別研究員 4:東京学芸大学特別支援科学講座
2010.10.29 ICCN2010
  P8-11 Developmental change of prefrontal activity in Go/Nogo task revealed by near infrared-spectroscopy
Tsutomu Mizutani1 Hisaki Ozaki2 Toshihide Koike3
1:The Graduate School of Psychology, Rissho University, Tokyo, Japan
2:Ibaraki University College of Education
3:Tokyo Gakugei University, Japan Comprehensive Education Science
2010.10.29 ICCN2010
  P27-13 A hemodynamic study of self-face recognition in autism spectrum disorder(ASD):Relation with ASD severities and self-consciousness
Kita,Y1,2,3 Gunji.A3 Inoue,Y3 Goto,T3 Sakihara,K3 Inagaki,M3 Kaga,M3 Hosokawa,T1
1:Graduate School of Education, Tohoku University, Sendai, Japan
2:Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science
3:National Institute of Mental Health, National Center of Neurology and Psychiatry (NCNP)
2010.6.19 第12回日本ヒト脳機能マッピング学会
  PA-05 高機能自閉症児の脳賦活実験
株式会社ネモト 根本樹宏
2010.6.19 第12回日本ヒト脳機能マッピング学会
  PA-04 注意欠陥多動性障害者の脳賦活実験
株式会社ネモト 根本樹宏
2010.6.11 人工知能学会全国大会
  空間環境が生体情報に及ぼす影響
同志社大学生命医科学研究科 大西佑奈、廣安知之、横内久猛
2010.5.15 第28回日本生理心理学会大会
  シンポジウム 顔認識の生理心理学研究から社会性認知を探る
北 洋輔(東北大学大学院教育学研究科/国立精神・神経センター)
2010.5.15 第28回日本生理心理学会大会
  ポスター発表44 脳血流からみたジャンケン動作
吉武 仁1 尾崎久記2 勝二博亮2
1:茨城大学大学院教育学研究科 2:茨城大学教育学部
2010.5.15 第28回日本生理心理学会大会
  ポスター発表20 Go-Nogo課題遂行時の前頭前野活動の発達的変化
水谷 勉1 尾崎久記2 小池敏英3
1:立正大学心理学研究科 2:茨城大学教育学部 3:東京学芸大学教育学部
2009.12.5 第12回日本光脳機能イメージング研究会
  O-5 低酸素環境が与える脳機能及び筋代謝への影響
栗田太作1 寺尾保2 斎藤勇人3 宮尾康寿3 瀧澤俊也4 灰田宗孝5
1:東海大学情報教育センター 2:東海大学医科学研究所 3:東海大学水泳部(体育学部)
4:東海大学医学部内科学系(神経内科)5:東海大学医療技術短期大学看護学科
2009.12.1
  上原徹(群馬大学)、須田昌史、石毛陽子、福田正人:摂食障害の脳病態研究:
多チャンネル近赤外線分光法による食行動にかかわる前頭葉機能特性についての検討.
平成21年度厚生労働省精神・神経疾患研究委託費
「摂食障害の疫学、病態と診断、治療法、転帰と予後に関する総合的研究」
主任研究者 切池信夫)、合同報告会、東京、12月1日、2009
2009.9.30 kyoto 18th ISBET
  SY201 NIRS instrument basic and a new multiple NIRS system with the CDMA technique.
江田英雄 光産業創成大学院大学
2007.7.14 第7回日本光脳機能イメージング研究会
  スペクトラム拡散変調の生体測定への応用可能性について
大橋三男 株式会社スペクトラテック

 

 

このページの一番上に